HTMLソース等を投稿に貼れるプラグイン” WP SyntaxHighlighter ”

WP SyntaxHighlighter

今日の記事は自分の備忘録として投稿します。

昨日の記事でHTMLのソースを文中に挿入したかったので、良く他のサイトで見かける

<link rel="apple-touch-icon" href="画像パス" />

こういった記述の仕方をどうやるのか探していました。

これ一般の方はほとんど使わないですよね。

wordpressだとプラグインで簡単に挿入できたので助かりました。

 

プラグイン「WP SyntaxHighlighter」

通常のページで掲載する際は、SyntaxHighlighterというライブラリを使って表示するようです。そちらのやり方はこちらの記事をご参照下さい。

リンク:行番号や各行背景色で見やすい ソースコード ビュー ライブラリ SyntaxHighlighter

wordpressの場合は、WP SyntaxHighlighterというプラグインを使えば、面倒な設定無しでライブラリを利用することができます。

設定方法はとても簡単です。

1、管理画面「プラグイン」メニューから「新規追加」で「WP SyntaxHighlighter」を検索し追加。ダウンロードする場合はこちら

2、投稿画面のエディターの一番上の段に「pre」と「CODE」という項目が追加されるので、「CODE」をクリックし、表示させたいソースコードを入力し挿入。使用する言語を選択することもできます。

今後も何かと使う機会あるかと思いますので、早速導入してみました。

これは便利♪

Follow me!

記事に対するコメントはこちへお願いします。