WordPressを使用したWebサイト制作

WordPressを採用している訳

WordPressを使ってサイトを構築する意味

一二三のサイト制作は基本的にWordPress(以下、WP)というCMS(Contents Management System)を採用しています。CMSとは分かりやすく言うとサイトの情報更新や修正を簡単に行えるシステムの事です。

Webサイトは制作してからがスタートです。作ったまま放置してしまっては宝の持ち腐れになってしまいます。そういった意味でも更新システムの搭載は現在のサイト制作には必須となっています。ただオリジナルでシステム開発を行うととても高額の予算がかかってしまい、それこそサイトを制作するだけで体力が尽きてしまいます。そこで一二三ではオープンソースのWPを採用しております。システムコストを抑えるという理由もありますが、最大の理由は更新業務を継続的に効果的に行うためです。WPは世界中にたくさんの開発者がいて、カスタマイズも安易に行う事が出来ます。お客さまの「こういった事をやりたい」という声になるべく答えたいし、こちらからのご提案の幅を拡くしたい、そういった意味で採用しています。

その反面、ソースコードが開示されているのでセキュリティ面で脆弱性があることも事実です。但し、オリジナルのCMSに比べればという事なので、常に危険にさらされているシステムという事ではありません。このデメリットを考慮に入れても、メリットを享受出来る部分の方が大きいと考えています。

もちろんWPよりも優れていて、お客様のサイトに効果が高いCMSが登場すれば自然とそちらに移行していくと思います。システムはあくまで手段・方法であって、目的はお客様と大切なWebサイトを育てあげていくことです。

今後このブログでもWPを使って、Webサイトでこんなサービスが展開できますとか、他のWebサービスの情報なども更新していきたいと思っております。

Follow me!

記事に対するコメントはこちへお願いします。