Googleの利用規約がすごい

Google

先日、「プロカメラマンさん達に教えてもらった写真共有サイトあれこれ」の記事をアップして、Facebookでシェアした際に教えてもらったのですが、Googleの利用規約がすごいんです。

何がすごいって、取りあえず規約の一分を抜粋。

本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。

つまり、GoogleのPicasaやGoogleドライブにアップしたデータは、Googleが好きに使っていいって事になりますね。

家族の写真とか公開したくない物は、預けておくの不安ですね。

ましてやクライアントさんとGoogleドライブ使って資料の共有してますとかは更に危険な可能性が。

そして続きがありまして、

ユーザーが本サービス(たとえば、ユーザーが Google マップに追加したビジネス リスティング)の利用を停止した場合でも、有効に存続するものとします。本サービスの一部では、ユーザーがそのサービスに提供したコンテンツにアクセスし、それを削除する方法が提供されることがあります。さらに本サービスの一部には、そのサービスに提供されたコンテンツの Google による利用範囲を狭める規定または設定があります。本サービスに提供するコンテンツについて、このライセンスを Google に付与するのに必要な権利を保有していることを必ずご確認ください。

Googleのアカウントを削除しただけでは、データは預けたままなので、解約する時はデータの削除も行わないといけないようですね。

これはGoogleだけに限ったことではないですが、便利なサービスには必ず裏があるので、利用規約等をついつい読み飛ばしがちですが、しっかり確認してから使わないとですね。無料サービスは特に。

Follow me!

記事に対するコメントはこちへお願いします。